HMONG VILLAGE

KHMU VILLAGE

The Khmu (/kəˈmuː/; Khmu: /kmm̥uʔ/ or /kmmúʔ/; Lao: ຂະມຸ [kʰámūʔ]; Thai: ขมุ; Vietnamese: Khơ Mú; Chinese: 克木族; Burmese: ခမူ) are an ethnic group of Southeast Asia. The majority (88%) live in northern Laos where they constitute the largest minority ethnic group, comprising eleven percent of the total population.
https://en.wikipedia.org/wiki/Khmu_people

NATIONAL MUSEUM

王宮博物館

The Royal Palace Museum in Luang Prabang (also known as “Haw Kham” or “Golden Hall”) was once Laos’ Royal Palace. It was built in 1904 during the French colonial era for King Sisavang Vong and his family. The site for the palace was chosen so that official visitors to Luang Prabang could disembark from their river voyages directly below the palace and be received there. After the death of King Sisavang Vong, the Crown Prince Savang Vatthana and his family were the last to occupy the grounds. In 1975, the monarchy was overthrown by the communists and the royal family were taken to re-education camps.

WAT WISUNARAT

Wat Wisunarat is Luang Prabang’s oldest temple and was once home to the Prabang Buddhas. The history of the temple is colourful with it being originally crafted from wood before being burned by Black Haw riders in 1887. The Black Haw riders were part of the Black Flag military rebel group led by a Chinese commander at the end of the 1880s. Post invasion, it was rebuilt using stucco and brick and retains some original pieces including a stupa that was created in 1503 along with some other small Buddha icons although many were stolen during the Haw raid.

WAT XIENG THONG

Wat Xieng Thong (Lao: ວັດຊຽງທອງ; “Temple of the Golden City”) is a Buddhist temple (wat) on the northern tip of the peninsula of Luang Phrabang, Laos. Wat Xieng Thong is one of the most important of Lao monasteries and remains a significant monument to the spirit of religion, royalty and traditional art. There are over 20 structures on the grounds including a sim, shrines, pavilions and residences, in addition to its gardens of flowers, ornamental shrubs, and trees.

カヤック(KAYAK)

ラオスの大自然でカヤック(KAYAK)のできるツアー

ルアンパバーンのアドベンチャー・ツアーで欧米人に特に人気のアクティビティのひとつがカヤック。ルアンパバーンならではの自然や田舎の魅力を発見できるので1日何か刺激的なアクティビティに挑戦してみたいという日本人の旅行者にもオススメです。

マニファトラベルでは、ルアンパバーン北部のナム・オー川を起点に途中にパークウー洞窟を訪問してメコン川の2つの川を下るコースと、ルアンパバーン東部のナム・カーン川(セー滝訪問を含む)のコースの2つのタイプのツアーをご用意しています。

クアンシー・蝶の公園(KUANG SI BUTTERFLY PARK)

KUANG SI BUTTERFLY PARK

KUANG SI BUTTERFLY PARK is only 300 meters before the entrance to Kuang Si waterfalls. the Butterfly Park is the first butterfly conservation and exhibit of its kind in Luang Prabang.

It was recently initiated in early 2014 with the mission to create a research center for studying and publishing information on butterflies found across Laos, the conservation of plants, and environmental issues in the country.

クアンシーの滝

クアンシーの滝ツアー

ラオスのルアンプラバン市街から南に約29km、メコン川の支流の一つとなるエリア最大の滝です。上流の大滝から下流に向かって緑豊かな森林の中に階段状の滝の層が形成されていて、エメラルドグリーンに輝く美しい滝の景観はまさに地上の楽園。ツーリストのほとんどが訪れる景勝地です。

クアンシーの滝周辺は、自然公園として整備されており、水浴や森林浴、散策を楽しんでいただくことができます。園内には「ツキノワグマ保護センター」もあります。

地元のラオス人や欧米人旅行者には水着に着替えて泳いだり、ターザンのように飛び込んだりする人もたくさんいるので(着替える場所もアリ)、動きやすい、着替えやすい服装できて現地で水着に着替えて思いっきり楽しむのがオススメです。(12月後半から2月はじめの寒い日は、泳ぐには水温が低いかもしれません)

サイクリング(マウンテンバイク)

サイクリング(マウンテンバイク)

ルアンパバーン郊外の自然をマウンテンバイクで満喫。マニファトラベルでは、アウトドア派の欧米人旅行者に人気のサイクリングツアーを各種ご用意しています。

サンコン村(BAN XANG KHONG)

サンハイ村(ウィスキー村 )

セー滝

トレッキング、山歩きで少数民族の村訪問

トレッキング、山歩きでモン族・カム族など少数民族の村を訪問できるツアー

ルアンパバーンを中心としたラオス北部にはモン族、カム族、ルー族などたくさんの少数民族が暮らしています。マニファトラベルでは、ルアンパバーン郊外の少数民族の村を訪問するトレッキングツアー(日帰り、宿泊型)を各種ご用意しています。ルアンパバーンに来たら中心部だけでなく、ラオス農村地帯の素朴で温かい暮らしを訪ねてみてください。

パークウー洞窟

パークウー洞窟

メコン川とオー川の合流地点に位置する洞窟

ルアンパバーンからボートで約2時間、エレファント・キャンプのあるサンハイ村から30分、メコン川とナムオー川の合流地点にある2つの洞窟、パックウー洞窟(ラオ語でタム・ティン)。洞窟内には大小およそ4000体もの仏像が安置されており、現地の人々からは、神聖な場所と考えられています。

マニファトラベルでは、パークウー洞窟を訪れる各種ツアーパッケージ(メコン川スローボート・クルーズ or カヤック)を入場料、昼食及び送迎込でご用意しています。

マニファ・エレファント・キャンプ象使いライセンス取得ツアー

マニファ・エレファントキャンプで象使いライセンスをとろう。マニファトラベルの運営するマニファ・エレファントキャンプは、ルアンパバーン最大のエレファントキャンプ。メコン川沿いの広大なジャングルに約20頭の象が暮らしています。象にのってジャングルやメコン川を冒険できる象使いツアー日本人に大人気。日本語を話せるスタッフもいるマニファ・エレファントキャンプなら初めての方も小さなお子様のいるご家族連れも安心して楽しんでいただくことができます。

メコン川クルーズ | スローボート

メコン川クルーズ | スローボート

ルアンパバーン郊外、特にエレファントキャンプのあるサンハイ村からパークウー洞窟にかけては、カルスト地形の美しいパノラマが広がっています。マニファトラベルでは、ルアンパバーン発(or サンハイ村発)パークウー洞窟行きのボートクルーズツアーを毎日催行しています。美しい自然、川沿いの村々の人々の暮らしを伝統的なラオス式ボートからぜひご覧いください。

メコン川サンセットクルーズ

メコン川サンセットクルーズ

飲み物と軽食を楽しみながら2時間のメコン川サンセットクルーズ。マニファエレファントキャンプからメコン川を北上し、パークウーのオー川との合流地点周辺にある石灰岩の絶壁とオー川渓谷の美しい景色を見学します。その後は、メコン川を下りルアンパバーン市街を目指します。川沿いに広がる美しい景色と夕日をご覧いただけます。感動間違いなし!

最初からサンセットクルーズを含むツアー(ツアーのタイトルにサンセットクルーズ表記あり)とオプション(5ドル)でサンセットクルーズを追加できるツアーがあります。

  • Ban Xang HaiからPak Ou、Luang Prabnagへのサンセットクルーズ(25km)
  • 船上で無料のビール(またはソフトドリンク)と軽食を提供
  • ルアンパバーンボートピアに日没頃到着予定。 (6〜7時)

モン族の村(Ban Na Uan Hmong Village)

ルアンパバーン旧市街

ルアンパバーン旧市街(LUANG PRABANG HERITAGE)

ラオス北部の古都ルアンパバーンは、メコン川とナムカーン川の合流点にある小さな半島に位置します。 伝統的なラオス様式とヨーロッパのコロニアル様式の融合した美しい街並みが1995年に国連教育科学文化機関(UNESCO)によって世界遺産へ認定され、それ以来、世界中から多くの観光客が訪れています。

少数民族の村にホームステイ

少数民族の村を訪問

空港ピックアップ可能(AIRPORT PICK UP)

AIRPORT PICK UP

Some overnight tours at Manifa Elephant Camp can offer  airport pick up for free. We will take you directly to the elephant camp. (Arrival time at Luang Prabang airport must be before 2 PM)

Advanced reservation required. Please inquire by email after your booking

空港送り可能(AIRPORT DROP OFF)

象とふれあい、象乗り

象使い養成イントロダクション (半日)

象使い養成エクスペリエンス(宿泊型)

  • すべての「1日象使い養成基本コース」の内容
  • エレファントキャンプ内の宿泊施設に滞在
  • 早朝にゾウをジャングルからメコン川へつれていき水浴させる。
  • ゾウ使いとしてほかの旅行者をゾウにのせて、ゾウをあやつる
  • ゾウ使いの資格認定証

象使い養成基本 (1日)

  • すべての「半日象使い養成コース」の内容
  • 昼食を挟んで午後からも1人に1頭の象、象使いがついて練習
  • 最後にゾウをゾウの暮らすジャングルまで連れていき、ゾウの住環境について学ぶ。
  • ゾウ使い資格認定証

Other Trips