エレファント・キャンプ1泊象使いライセンス取得+パックウー洞窟+クアンシーの滝 (空港ピックアップ&ホテル送型) – ツアーコード:D01​

エレファント・キャンプ1泊象使いライセンス取得+パックウー洞窟+クアンシーの滝 (空港ピックアップ&ホテル送型) - ツアーコード:D01​
1泊象キャンプ、1泊ルアンパバーン市内滞在を予定されている方にオススメ

概要

料金95ドル(1万450円)~160ドル(1万7600円) / 大人1名様
申し込み期間三ヶ月前から前日午後8時半まで(ラオス時間UTC+07:00、日本との時差2時間)*申し込み前にエレファントキャンプ内宿泊施設の空きをメールで必ず確認してください
出発地ルアンパバーン空港にてピックアップ
出発日毎日催行(ツアー参加日の変更は前日の夜7時までに必ず連絡してください)
日数1泊2日
利用ホテルManifa Elephant Camp内宿泊施設
推奨航空会社Bangkok Airways, Lao Airlines, Thai Smile, Thai Airways, Garuda Indonesia, Lao Skyway, Cathay Pacific, JAL

午前中から午後一時半ぐらいまでにルアンパバーン到着可能なフライト限定。航空券を手配してからツアーの予約をして下さい。
ツアーの予約とお支払いの方法についてはこちらのページをご覧ください。
ツアー参加をご希望の方は、下記フォームよりお問い合わせ下さい。予約状況を確認したのち、メールにて料金とお支払い方法をお知らせします。
 

ツアー料金に航空券は含まれません。予約状況が確認できたらまず航空券の手配をお客様ご自身でしていただく必要があります。航空券の予約完了後、ツアー料金をお支払いください。当ツアーに参加するばあい、飛行機の到着時刻は必ず午前中か午後二時より前のフライトを選択してください。3時以後に到着するAir Asiaなどは、ルアンパバーン市内のホテルからスタートするD02ツアーを選択してください。エアライン各社の発着時刻は、ルアンパバーン空港のサイトで確認していただくことができます。

ルアンパバーン市内での宿泊先(ツアー終了後の送り先になります)をツアー前日までにお知らせ下さい。

※ダコ紙面のスケジュールは時間的に不可能です。ツアー二日目にバンコクに戻る場合は、クアンシーの滝にいかない以外は同内容の下記ツアーを選んでください。

一泊二日・象使い養成コースとスローボートでパークウー洞窟( TOUR CODE: TW06)

 「象使い認定証」ご希望の方は、ツアー予約後に名前(ローマ字)、生年月日とライセンスに使用する写真のファイル(パスポートサイズ)をメールで送って下さい。象にのっている写真をライセンスに使用されたい場合は、ツアー終了後にManifa Travelのオフィスにて認定証の作成をおこないます。ツアー中にスタッフへお問い合わせ下さい。
 
お支払い方法は、米銀行のACH direct deposit クレジットカード Visa, Mastercard, American Express, Discover, JCB, Diners Club, UnionPayから選択していただくことができます。日本及びラオスの銀行振り込み以外は、米WeTravel社のサービスを介して米stripe.comが決済処理をおこないます。(決済は、すべてStripe上で行われるため当サイト及びWeTravel社からカード情報が漏えいすることはありません)詳細は、Terms & Conditions | Cancellation & Refund Policiesを御覧ください。

一日目 

9:25

バンコク発  (Bangkok Airways PG941便の場合)

11:35

ルアンパバーン着

12:00

マニファトラベルスタッフが空港でお迎え、エレファント・キャンプへ向かいます

12:30

Manifa Elephant Campにて昼食(ビュッフェ形式)

13:00

象使いトレーニング開始 象使いの基本コマンドを学習/象に乗ってジャングルを探検/メコン川で象と水浴び/象にバナナやサトウキビなどおやつを与える/夕方に象を森へ連れていく

18:00

夕食 ( 1、2名様はメコン川の魚か地鶏料理をメインにしたラオス料理のセットメニュー、3名様以上は、地元の水牛肉と豚肉のシンダート ( 鍋と焼肉を同時に楽しめるラオスのおもてなし料理。1、2名様の場合も追加料金でシンダートにアップグレード可能。お問い合わせフォームにて希望を伝えて下さい。)

二日目

6:30

象使いと象の森へいき、象をメコン川まで連れていき水浴びをさせる

8:00

朝食

9:30

象使いとして他のツアー参加者を象にのせてジャングルを探検

10:30

スローボートパックウー洞窟へ メコン川沿いに広がるカルスト地形の美しいパノラマをご覧いただけます

11:00

パックウー洞窟見学

12:00

Manifa Elephant Campに戻ってビュッフェ形式の昼食

13:00

クルマでクアンシーの滝に向かいます。途中、手作りのラオラオ(ラオスの焼酎)で有名なサンハイ村(Ban Xang Hai)に立ち寄ります。

14:30

クアンシーの滝 ( 2時間)

16:30

ルアンパバーン市内へ帰ります。途中モン族の村に寄ります

17:30-18:00

ルアンパバーン市中心部か市内の指定ホテルで解散。プッシーの丘から夕焼けをご覧いただくのにちょうどいい時間です。(象使いライセンスの授与)

EXPERIENCE

メコン川沿いに広がる110ヘクタールの広大なジャングルで20頭の象と「象使い」体験。 餌やり、象乗り、水浴びといった一般のプログラムはもちろん、夕方・早朝の特別プログラムも体験していただくことができます。象使い体験の写真

象使いライセンス

プログラム修了者には、象使い認定証が授与されます。

ルアンパバーン市内から20KMですがManifa Elephant Campは手付かずの自然に囲まれています。周囲に人家はなく、象のための森とメコン川だけ。一般のツーリストがいなくなる夕方以降は、ひっそりと静まり返ります。都会の喧騒を忘れてゆっくり自然を満喫していただくことができます。エレファント・キャンプ写真

好評のビュッフェ形式のランチのほか、夕食、朝食も美しい景色を眺めながら楽しんでいただくことができます。レストラン、食事写真 

エレファント・キャンプのあるサンハイ村からボートで30分、メコン川とナムオー川の合流地点にある2つの洞窟、パックウー洞窟(ラオ語でタム・ティン)にご案内します。洞窟内には大小およそ4000体もの仏像が安置されており、現地の人々からは、神聖な場所と考えられています。 

二日目の午後には、ルアンパバーン最大の滝、クアンシーの滝を訪れます。緑豊かな森林の中にあるクアンシーの滝は、上流の大滝から下流に向かって階段状に滝の層が形成されていて、エメラルドグリーンに輝く水が美しい景観を作り上げています。水浴や森林浴、散策を楽しんでいただくことができます。 

エレファント・キャンプのあるサンハイ村の集落エリアは、ラオラオとよばれるラオスのもち米でつくる焼酎で有名です。蒸留のプロセスや日本のどぶろくのような原酒となる米ワインづくりを見学していただくことができます。

オプション

プライベートツアーにアップグレード

移動をお客様専用のクルマ、ボートに変更、日本語ガイド。下記フォームより問い合わせ下さい。

料金

 

大人1名のみでお申し込みの場合1人あたり

大人2名でお申し込みの場合1人あたり

大人3-5名でお申し込みの場合1人あたり

大人6-13名でお申し込みの場合1人あたり

$160(1万7600円)

$110(1万2100円)

$100(1万1000円)

$95(1万450円)

4-11歳のお子様は、人数に関わらず一律 $77(8470円) / 1名です。

通常大人2名様からの催行となりますが、大人1名様でも上記金額にてお申し込みしていただくことができます。
上記金額に若干のクレジットカード決済及び為替手数料が加算されます。

2名以下(大人・子供の人数合計)のお申し込みで初日夕食にシンダート(ラオス風すき焼き)をご希望の場合、追加で1名あたり$10(1100円)お支払いいただくことで変更可能です。

年齢制限

乳幼児 0 – 3歳

無料、保護者の同伴必須

その他制限 特になし

子供 4 -11歳

家族(親と子の関係)以外は大人の保護者1名につき1名のお子様までお申し込みしていただくことができます。それ以上の人数で子供の参加をご希望の場合、事前にメールにてお問い合わせください。

お客様の声

マニファトラベルのツアーには、毎日たくさんの日本人ツーリストが参加しています。当社のTripadvisorページには、実際に参加されたお客様の口コミが掲載されています。

お問い合わせ

You can send your inquiry via the form below.