一泊二日・象使いライセンス、スローボートでパークウー洞窟、クアンシーの滝(ツアーコード: TW02)

一泊二日・象使い免許取得、スローボートでパークウー洞窟、クアンシーの滝(ツアーコード: TW02)

ラオスの大自然で憧れの「ゾウ使い」になる夢のかなうツアー

概要

料金~US$110(1万2100円) / 大人1名様
申し込み期間三ヶ月前から前日午後8時半まで(ラオス時間UTC+07:00、日本との時差2時間)*申し込み前にエレファントキャンプ内宿泊施設の空きをメールで必ず確認してください
出発地ルアンパバーン市内宿泊先にてピックアップ
出発日毎日催行(ツアー参加日の変更は前日の夜7時までに必ず連絡してください)
日数1泊2日
利用ホテルManifa Elephant Camp内宿泊施設
ツアーの予約とお支払いの方法についてはこちらのページをご覧ください。

一日目

7:45-8:15  ご指定のルアンパバーン市内ご宿泊先にスタッフがお迎えに上がります。ボートでパークウー洞窟へ向かいます

10:30  パックオー洞窟見学、見学後ボートでマニファエレファントキャンプに向かいます。

12:30  エレファントキャンプにて昼食(ビュッフェ形式)

13:00  象使いトレーニングを開始 象使いの基本コマンドを学習 / 象に乗ってジャングルを探検 / メコン川で象と水浴び / 象にバナナやサトウキビなどおやつを与える / 夕方に象を森へ連れていく

18:00  夕食  1、2名様はメコン川の魚か地鶏料理をメインにしたラオス料理のセットメニュー、3名様以上(大人子供合計)は、地元の水牛肉と豚肉のシンダート ( 鍋と焼肉を同時に楽しめるラオスのおもてなし料理。1、2名様の場合も追加料金でシンダートにアップグレード可能。お問い合わせフォームにて希望を伝えて下さい。)

二日目

6:30 象使いと象の森へいき、象をメコン川まで連れていき水浴びをさせる

8:00  朝食

9:30  象使いとして他のツアー参加者を象にのせてジャングルを探検

12:00  昼食

13:00  クルマでクアンシーの滝に向かいます。途中、手作りのラオラオ(ラオスの焼酎)で有名なBan Xang Hai村に立ち寄ります。

14:30  クアンシーの滝 ( 2時間)

16:30  ルアンパバーン市内へ帰ります。途中モン族の村に寄ります

17:30-18:00  ルアンパバーン市中心部か市内の指定ホテルで解散。プッシーの丘から夕焼けをご覧いただくのにちょうどいい時間です。(象使いライセンスの授与)

ラオス式ボートで出発
ジャングルの象の道を冒険
一人前の象使いになれるかな?
水位の低い乾季ならメコン川の島まで象といける
ロマンチックな夕焼けと夜の静寂
クアンシーの滝はホントに素晴らしい

ツアーに含まれるサービス

メコン川スローボート (2時間)

英語ガイド

象使い養成コース

移動

ご宿泊先の出発からツアー終了まで

入場料

ツアー中のお食事

オプション

プライベートツアー

人数によって料金が変わります。お問い合わせ下さい。

空港ピックアップ (事前予約必須 & 2名様以上で参加の場合)

ルアンパバーン空港への 到着時刻がお昼の2時前の場合、スケジュールが変更されますが空港でスタッフがピックアップし、直接エレファント・キャンプに向かうことができます。ピックアップをご希望の場合、事前にメールにてお問い合わせください。

年齢制限

幼児 0 – 3 歳

無料、保護者同伴必須

その他の制限

特になし

子供 4-11 歳

30%割引。両親による保護が必要

特定のケース

子供主体のグループでご参加をご希望の場合、メールでお問い合わせください。

EXPERIENCE

メコン川沿いに広がる110ヘクタールの広大なジャングルで20頭の象と「象使い」体験。 餌やり、象乗り、水浴びといった一般のプログラムはもちろん、夕方・早朝の特別プログラムも体験していただくことができます。象使い体験の写真 (D01, D02)

象使い免許

プログラム修了者には、象使い認定証が授与されます。

ルアンパバーン市内から20KMですがManifa Elephant Campは手付かずの自然に囲まれています。周囲に人家はなく、象のための森とメコン川だけ。一般のツーリストがいなくなる夕方以降は、ひっそりと静まり返ります。都会の喧騒を忘れてゆっくり自然を満喫していただくことができます。エレファント・キャンプ写真 

好評のビュッフェ形式のランチのほか、夕食、朝食も美しい景色を眺めながら楽しんでいただくことができます。レストラン、食事写真 

パークウー洞窟

エレファント・キャンプのあるサンハイ村からボートで30分、メコン川とナムオー川の合流地点にある2つの洞窟、パックウー洞窟(ラオ語でタム・ティン)にご案内します。洞窟内には大小およそ4000体もの仏像が安置されており、現地の人々からは、神聖な場所と考えられています。

クアンシーの滝

二日目の午後には、ルアンパバーン最大の滝、クアンシーの滝を訪れます。緑豊かな森林の中にあるクアンシーの滝は、上流の大滝から下流に向かって階段状に滝の層が形成されていて、エメラルドグリーンに輝く水が美しい景観を作り上げています。水浴や森林浴、散策を楽しんでいただくことができます。

サンハイ村

エレファント・キャンプのあるサンハイ村の集落エリアは、ラオラオとよばれるラオスのもち米でつくる焼酎で有名です。蒸留のプロセスや日本のどぶろくのような原酒となる米ワインづくりを見学していただくことができます。 

GALLARY

お客様の声

マニファトラベルのツアーには、毎日たくさんの日本人ツーリストが参加しています。当社のTripadvisorページには、実際に参加されたお客様の口コミが掲載されています。

お問い合わせ

You can send your inquiry via the form below.